ワールドチョコレートマスターズ2013 “テーマと予選スケジュール発表”

ワールドチョコレートマスターズ2013
テーマと予選スケジュール発表


 世界の約20カ国の代表が参加し、ショコラティエの世界ナンバーワンを競う
第5回ワールドチョコレートマスターズ本選が2013年にパリで行われます。

この大会で歴代の日本代表は、2名の優勝者を含む非常に優秀な成績を収め、
日本のチョコレート技術の高さを世界に示して来ました。

今回のテーマは「アーキテクチャー・オブ・テイスト(The Architecture of Taste)」
味覚の構築に、ビルの建設の様なデザイン性、創造性、ひらめき、革新性等が求められ、味覚の豊かな表現力が競われる大会になりそうです。

パリで行われる本選に出場するためには、参加者は厳しい国内予選を通過しなければなりません。大会事務局よりの応募要項に基づき作成された書類による書類審査で5名に絞られ、その後ピエスモンテ、アントルメ、ショコラデセール等の様々な課題を課される実技審査を経て1名の日本代表が選出されます。

今までの日本代表の後に続き、日本のチョコレートの新しい歴史を作る気概を持った多くの若きショコラティエの参加を期待します。

日本国内予選開催スケジュール

大会テーマ  「アーキテクチャー・オブ・テイスト」

               応募書類締切  :  9月10日(月)

書類審査     :  9月14日(金)

実技審査     : 10月27日(土) 於 東京製菓学校

*大会規定、募集要項等の詳細についてはガトー誌を参照頂くか、
(社)日本洋菓子協会連合会にお問い合わせをお願い致します。